Loading

ブログ

運気に任せて流れゆく

いつのまにやら夏を越え秋も越えふと初冬であったと気付かされてみては骨身に染入る湯けむり檜葉肌の縁。
長らく続いた案件を乗り越え、思いを受けたあと一本。

関連記事

  1. 整え備え恩返し
  2. 夏日の始まり
  3. 小口不動産流動化スキーム
  4. 清流を求めて
  5. 商福の招き猫
  6. 春一番 折返し
  7. 元旦のご挨拶・2024辰年
  8. 夏季休暇

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP